Dannacy 保谷のバリアフリーシェアスペース

コロナをきっかけにこれまで使用してきたスペースが借りることができなくなってしまったことをきっかけに、先天性の脳性麻痺があり車椅子ユーザーの息子さんや、車椅子ユーザーの方が主体的に使えるシェアスペースを市内在中のご夫妻を中心にDIYで作成しています。

Dannnacyとは

入口の竹あかり

一人でも多くの人にシェアスペースを知ってもらうため、入り口は竹灯りでライトアップしています。環境問題にも取り組みたい等思いから、竹害を引き起こす竹を材料にした灯りを設置しています。

また、持ち帰れる竹灯り作成のワークショップも開催しています。市内で竹を持て余している方がいらっしゃれば、活動に利用したいので問い合わせフォームからご連絡ください。

クラウドファンディングへのご協力のお願い

シェアスペースは賃貸をしており、DIYにも諸費用が積み重なっています。多目的トイレへの回収・スロープの設置費用について、クラウドファンディングを実施中です。第一目標金額には到達していますが、より多くの方と共にこのスペースを作り上げていきたいと思っているため、皆様のご参加をお待ちしております。

段なし革命! バリアフリーのトイレを作りたい!
Dannacyが目指す【 段なし 】→建物の段差だけでなく心のさまざまな段差をなくしたいと思っています。どんな人でもいいじゃない!一緒にいたら楽しい!関わってみたら楽しい!それでいい。なにも区別されず自分らしくいられる、そんな居場所作りをするため、車いすの方にも利用していただけるトイレを作ります

SNS

Facebook

Google Map:

冒頭のがチラシに地図も記載してありますので、そちらのおすすめルートもご参照ください。

作業風景

夏ごろに竹灯り作成のWSでお伺いした時の様子をブログにしています。

タイトルとURLをコピーしました